FC2ブログ

イグニッションコイル

点火ケーブルを消耗品と考えるのに、
同じようなストレスがかかるコイルの交換は、
余り話題にならないですね。
ジムニー乗りの人は結構、気にするような気もするのですが。
鉄芯にも錆が見えるので、交換しました。
CPUのコンデンサーもですが、能動部品は、
丈夫なだけに、ゆっくりとした劣化に
気付き難かったりとか、しないのかな。

コイルを外して、新品と比較点検。
一次R(Ω):基準1.35-1.65(20deg.)
 装着品1.7(購入:1.6)
二次R(kΩ):基準23.4-28.6(20deg.)
 装着27.2(購入:26.3)
え~、範囲内です。

残念ながら、気になった絶縁抵抗は、
σ(^^)のオモチャテスターでは、
共にオーバーレンジでした。

装着品と購入品は、スズキの品番が違いましたが、
メーカーの番号は同じでした。
「でも、コイル部の形」と「コイルと鉄芯の間に
充填している樹脂の色」が違っていたりとかしました。

体感できるほど、交換の効果はあるかな?

あと、マグネAZ31で、スズスポのエアクリの
遮熱カバーと同形状のカバーを拵えました。
丈夫な材質にアリがちな、少し癖のある
材料でした。その辺は、後日。

FI2621730_1E.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ