FC2ブログ

TL125Sコピー

Web上で、発売当時のイーハのカタログを見ることができるのですが、
画像は少し小さく、文字が読み難かったりします。

文面には、イーハを作った人の思いも入っているのかもと思い、
写経ならぬ、写コピーして、イーハについて知ろうと思いました。

1.キャッチコピー
木漏れ日・山の細道・鳥の声。
自然賛歌、「イーハトーブ」登場。

2.メイン(山から民家の見える谷の景色で、林道を降りるバイクが小さく写った画像あり)
人は自然の中に身を置いて、自分を取り戻すことがあります。
自然の厳しい姿に触れて、自分を律することがあります。
「イーハトーブ」。
宮沢賢治のことばを、その名に用いたこのマシンは、自然の中にとけこみ、
自然を味わい楽しみながら、走るツーリングマシンです。
自然のさまざまな地形にトライし、自然と自分との友好的闘いを試みる
トライアル・マシンでもあります。
スリムなスタイル、軽い車重、絶妙な機体バランス。
さらに、乗り心地の良いサスペンション、疲れのないシート。
ツーリング・マシンとトライアル・マシンの新しい結合、それは、
どんな自然賛歌の、ドラマを生み出すことだろう。

3.解説(一番小さな文字)
イーハトーブ:雄大な自然の中で、風と語り、
透き通った空気を人生の?糧?とする、子供達の
ドリームランドとしての岩手県。
宮沢賢治は正しい者の趣旨の発芽をたくして、
世界中の子供達に贈った言葉です。

4.社名とロゴ
自然の中-ツーリング・トライアルNew Ihatova イーハトーブ


・・・σ(^^)の場合、読むと、ダートな山道に行きたくなります



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ