FC2ブログ

漆喰

鉱業なのに木造の施設が珍しくて、 下仁田から、更に山に向かって走りました。
稼働中の工場入り口を通り過ぎ、
昔、炭酸カルシウムを製造していたらしい施設の見える場所に。

FI2622183_1E.jpg

アングルを変えて。細長い、大きな建物です。
観光施設ではなく、営業中の工場なので、遠目からです (^^;;

FI2622183_2E.jpg

この施設に隣接する山肌は、白くて、 山全体が、炭酸カルシウムで できているのかもです。
炭酸カルシウムは、この辺りのレンガ建造物の漆喰として 使用されていたとの情報もあります。

FI2622183_3E.jpg

外からは、何も見えませんが、 山肌に沿って、
稼働中の工場が展開されていました。

FI2622183_4E.jpg

こんな建物は珍しいので、 保存に力を入れたり、開放したりすると、 面白いのですが (^^)
スポンサーサイト

レンガのある風景8

ツーリングマップルで、ドライブルートをチェックすると、 R254富岡の近くの小幡辺りに、
「のどかな城下町の風情が残る町並み」の文字を発見。
ちょっと、寄ってみることに

FI2622182_1E.jpg

緩やかな傾斜地に流れる小さな流れに沿って、 桜並木と旧めの家。

家は、有名観光地のような良好な状態ではないように見えますが、 長閑です (^^)

信長の係累が封じられて、二万石の城下町だったそう。
ど~んとした江戸、川越、忍のような感じの雰囲気でないです。

交差点にレンガ造りの建造物を発見。でも、あまり旧くはなさそう。
今は、資料館のようです。

FI2622182_2E.jpg

サイドビュー。

FI2622182_3E.jpg

きっと勉強すると、レンガの積み方、窓、屋根などを 観察して楽しめるのではないのでしょうか?
でも、案内板がついてます!

FI2622182_4E.jpg

80年前、昭和になったころ、養蚕の富岡が近かったせいか、
繭倉庫として利用されたようです。

民家の展示もありました。

FI2622182_5E.jpg

いかにも関東っぽい造りです。
母屋だけでなく、納屋、蔵、馬屋、作業小屋とかも揃うと、 当時っぽいような気がしました。

レンガのある風景7

廃線になった群馬と長野を結ぶ碓氷峠へ。
有名な「めがね橋」に行ってみました。

FI2622181_1E.jpg

思ったよりも、ずっと大きな建造物でした。(^^;;

FI2622181_2E.jpg

線路跡を歩く事ができるようですが、 雨も降っているし、先を急ぐので、 また、次回 (^^)

5分も登らず、小さなレンガの橋がありました。

FI2622181_3E.jpg

丸山変電所にも行きたかったのですが、 見つけられず、ちょっと残念でした。

ビルに向かう高速

上側奥の道路が、外環道だと思うのですが、 その手前の道が、ビルに突き刺さっています。

FI2622180_1E.jpg

どちらが、先にできても、後にできたとしても、 説明がつきにくいような気が...・・・ (^^;;

不思議な景色です~~!

えびすさんの大きな桜玉

とんぼ玉は、元が小さいだけに、数mm大きいだけで、 大分印象が変わります。

「えびす」さんが大きな玉を作られたので、 早速、譲っていただきました。

FI2622179_1E.jpg

ソメイヨシノのように密な桜も艶やかですが、
花の合間から覗く金の帯のリズムが、桜の季節な雰囲気です。(^^)

…・・・ユリと椿を探しているのですが、なかなかピンと来るのに、会えまへん。

いろいろと

地道に玉を入手しています。
えびすさんのお友達のスミレや桜。

FI2622178_1E.jpg

九州のネットショップのタンポポやオークションで、大阪の方のユリとか。

Webで玉作りの日記などが拝見できると、 玉のイメージが得られますが、
ネットショップやオークションは、少しギャップがあります。

やっぱり、Webでの入手は、難しい~ (^^;;

これを突破するには、展示会に行って目を肥やすしかないのかな
プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ