FC2ブログ

サビ取り6日目

早起きして、タンクからクエン酸抜き。
水での置換洗いを3回、外側と内側の掛け洗いを少々。
寒いです。

サビは少々出ましたが、
懐中電灯で照らすことができる範囲の側面や
底部には、サビが見えない感じになりました。

ラインにフィルタを入れれば、
使用しても支障はなさそうなので、
サビ取りは終了~ (^^)

給油口にヒートガンを挿し、
フュエルバルブ側から出る熱風で暖を取ったり
しながら、乾燥。 屋外での作業です (^^;;






FI2622118_1E.jpg

夜は部屋に持ち込んで、
補修箇所をチェックしながら、なるべく
楽ができそうな補修を考え中。

大きな凹み。

左右にもラッカーパテで修理できそうな
小さい凹みがあります




FI2622118_2E.jpg

擦り傷、デカールの部分的な剥がれ、剥離も。

前回は、オールペンだったので、
今回は、傷んでいる箇所を
小細工で直しながら、
修復していこうかな。
それも、効率が悪くて、時間が掛かりそうだし。
どうしましょうなどと考えているのが愉しかったり~(^^;;

こっちはゆっくり目の作業にして、
フォーク交換で外した前輪をばらして、
ハブ磨き&スポーク組直しを優先させることにします。

バイク屋さんから連絡があり、TY250が予定より早く店に到着したらしいので、
見に行かないと。
今週末の一番の楽しみなイベントになりました。
FI2622118_3E.jpg

サビ取り3日目

3%クエン酸を浸して3日目のタンクです。

サビが落ちる速度は温度(屋外です)に関係するかと
思いましたが、かなり落ちてます。

サビ跡は丸く、クレータのようです。
90%以上落ちていそうな感じです。



FI2622117_1E.jpg

コーヒーのろ紙で、サビを漉し、
クエン酸液を再利用。

もう、3日ほど漬ければ、
見えない処にサビが残る確率が
下がるかな (^^;;



FI2622117_2E.jpg

たくさんのサビが取れました!
FI2622117_3E.jpg

続きを読む

試走 土手から見た浅間

あれこれ、想定外のフォーク交換でしたが、
試走に出発。

近場で気持ち良く流せる土手へ。 (^^)
風もなく、青空が気持ちいいデス。

左奥の白い山は浅間、右が妙義。

誰も写っていませんが、
自転車5-6台、バイク1、凧揚げとラジコン少々。
川で遊ぶ人としては、釣り人が一番多そう



FI2622116_1E.jpg

15:00前ですが、もう影がかなり長いです。

左手に野球やサッカーエリアがあるのですが、
正月のせいか、
誰もされていませんでした。



FI2622116_2E.jpg

ライトを目一杯上げてみましたが、
かっこ悪いので、少し下げました。

ホイールを無理やりフォークに挟んだので、
心配だったのですが、特に走っての違和感もなく、
異音、オイル漏れ、作動不良とかも
特になかったので、
フォーク交換は、一応、上手くいった感じです。 (^^)v

FI2622116_3E.jpg

続きを読む

フォーク交換

10:00、作業開始。
タイヤは外しは、10分。
FI2622115_1E.jpg

フェンダーを外して、
フォークのブラケットのボルトを
緩めて、フォーク抜き。

右のフォークか、クラウンが歪んでいるのか、
少しきつくて、プラハンで叩いて出しました。

でも、順調、この作業は20分。


FI2622115_2E.jpg

錆びたライトステーも、
汎用に交換。

ライトをばらして、組立て。
残念ながら、ステーが細いので、
純正のゴムパッキンを装着せきない~ (?)

準備が整ったので、フォークに交換。
少しオフセットしたかったのですが、
やはり、右のフォークがきつく、
入らないし、回りません。 (?)

向きも気に入らないのですが、
人力では限界~、なので、とっとと諦めて (?)

これらの作業は、1時間。



FI2622115_3E.jpg

ここから、予想外に時間が
掛かっちゃいました (^^;;

社外のFフェンダーの穴が合わず、
装着できません。
コツがあったような気がしますが、
思い出せない~。
あれこれ、弄っているうちに、
塗装も剥がれたので、
諦めて、純正Fフェンダーを装着。 (?)

最後にタイヤを嵌めようとしたら、
フォークの間隔が狭く、
力技で広げながらの作業になりました。
あぁ、疲れた。 (?)

ボルトを締めて、Rピンを入れ、
ライト位置を高めにセット。
余った部品もないので、工具を片付けると、
もう13:00。

幾つか問題はあったけど、
少し休んで、取敢えず、ひとっ走りしましょ (^^)
FI2622115_4E.jpg

Fフォーク交換準備、完了(^^)

陽が出て、風もなく、絶好の作業日和でした (^^)
明日、ヤマハTY125のフォーク交換をすべく
最後の準備です。

ボトムのボルトをもう一度締め直して、
左右のフォークにそれぞれオイル108gを注入。
ヘインズのマニュアルには、フォークオイルと
エンジンオイルが併記してあったので、
その辺で買えるエンジンオイルを選択。


FI2622114_1E.jpg

DTのインナーなので、トップのキャップに
エアバルブがあります。

少しヤレているので、
マスキングテープで養生して、
フラットブラックを2度スプレー。

中古インナーなので、
点サビはありますが、
むふふふ(^^)、いい感じ。

FI2622114_2E.jpg

経費は、

計\12.6K

(内訳)
・中古フォーク2本で、5k。
・ダストシール(ブーツから交換)、
 オイルシール(交換の必要はない様子でしたが、
 経年劣化を考慮し念のため)
 7k!!
・オイル0.6K位

明日の準備完了

FI2622114_3E.jpg

転写

TYのタンクロゴを適当な大きさで、3つ印刷。

その紙をタンクにあてがって、
鉛筆で転写。

どれが、実物に近いサイズかな~?


フォークも次の作業準備、オイルを入れないと (^^;;
オイル量は122-130mLのようですが、
適当(安い)な定量容器を見つけることが
できません。

で、デジタルスケールがあるので、
重さで量を決めようかと思います。

ネットでググると、オイルは、比重が0.86-0.87g/mL
辺りのようです。

126mL x 0.87g/mL=109.6g

100gオーバーだと、表示が2g間隔になるので、
指示が110gでも、実際は109-111gなのかも。
だと、125.3mL(109g)、127.6mL(111g)
特に問題なく、規定の量の範囲には入りそう。



FI2622113_1E.jpg

作業初め

家の用事もなく、家人がTVを見ている隙に、
寒風吹く庭で、バイク仕事を。

折角、軒下に移したので、TYにうっすら浮かんだサビを
コンパウンド掛け。

化学研磨でも利用され、普通に手に入る過炭酸ナトリウム系の
汚れ落しで、実験。
錆た鉄、アルミを浸漬して、30分。余り、変化がないです。
水温低過ぎだったのかもです。暖かくなったら、また。

中古のTYタンクの内部です。
鉄色は、ほぼ見えません、ネジの辺りは良好なのですが。
FI2622112_1E.jpg

ガソリンかす「有り」、らしいので、
パーツクリーナーで洗浄。

濁った赤茶色の液が出ますが、
鉄の地肌は、少ししか見えてこないので、
やっぱり、茶色部分は、サビなのかも知れません。
点食(蝕)してます。

水圧で、内部を丁寧に洗浄。
コックを付けて、クエン酸3%水溶液4Lを注入。
寒いので、時間が掛かりそうな感じです。
次の土日に、一度抜いて、内部を観察してみようと
思います。

超格安で入手したヒートガンで、折れ曲がったポリプロピレン
部品の修復練習。
思い切った修正にも使えそうな感じです。
FI2622112_2E.jpg

TYシリーズのタンク外観
50と80は同じ気がしますが、125、250とも
微妙に形状が違います。
コストをかけていますね、デザイン重視でしょうか (^^;;

斜め上からの画像
手前が125、奥が50。

・50の方が、オーソドックスで、形状やエッジに丸味がある
・黒ラインの取り方が、異なる
FI2622112_3E.jpg

上から

・125の方が、前後の絞込み大きく、細身。

形状は見れば、分かりますが、
画像でみると、こんな感じです (^^)
FI2622112_4E.jpg

続きを読む

YAMAHA TY250J

TYのタンクを見つけると、
ついつい入手してしまいます。

あれこれ、国内外のTY画像を拝見しても、個性が一番出る外装部品ですし。
手持ちでないのは、TY250Jの初期鉄6L、アルミ5L、社外品なので、
オークションをチェックしたり、時々ググったりしてチェックしています。
でも、出物は少ないし、時折の出品も高価です。

社外品やアルミのは、少しお財布の紐を緩めないと、難しそうですが、
それより出会う頻度が少ないので、その機会を見逃さない方が重要そうです。
巡り会いを大事に、みたいな感じ (^^;;

そんな感じで、TY250J自体についてもチェック。
TYシリーズの開発は、250で進められ、その模様もWebで拾えたりします。
後発のTY125より、たくさんの人が係わって作られた雰囲気が味わえます。
その途中で、作成されたらしい幾つかの開発車の画像も落ちていて、
TY250Jへの興味は深まっています。

でも、オークションで、時々、TY250Jを見ますが、
高額でキレイに手直しされているか、欠品アリだったりで、
手が届かなかったり、先行き怖すぎたりです。

中古バイクの検索エンジンの方では、
125は数台見かけるものの、全くみかけません。

そんな中、チェーン店の最新在庫を1台発見。
ん~、価格表示なし(怖いです)、でも、自家塗装部品あり(安くなる材料ですよね)。
欠品はなさそうだし。
年末、近所のチェーン店の知り合いの営業に会いに行きましたとさ。

少しお話をして、先のステップに進めました。
次は、現車確認、良い巡り会いになるのかな。 (^^)

続きを読む

屋内で、検品修理

あけまして
おめでとう
ございます m(_~_)m

今年の抱負とか、急ぐ必要もないので、この先考えれば、
良さそうです。でも、物忘れ勝ちなので、イベントスケジュールを
備忘録代わりに。

・2008.03 グライダーの大会
・2008.04 小海杯(車)
で、5月はバイクで林道に

現在、TYに装備している社外のテールランプと
同型の中古ランプを入手。
欠けはないものの、クラックがぁ・・・(TxT)
FI2622110_1E.jpg

侵入してきた水で、中はサビサビ。


FI2622110_2E.jpg

でも、前オーナーが接着剤で
修理した痕跡が。

でも、スチロール系。
部屋で作業開始です。

カッターでパリパリと補修部を剥がし、
局部をマスクして、エポキシ接着剤で、
隙間埋めとクラック部を補強。
完成。


FI2622110_3E.jpg

物置の扉は、
大晦日に既製のトレリスで
作成済み。 1.3k也。
FI2622110_4E.jpg

プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ