FC2ブログ

オイル交換

ネットの回線の調子が悪く、時々しか、
つながらないので、とても不自由です (^^;;

消化有給を取って、ラリー屋さんのガレージへと
カプチーノで向かいました。

久々のオイル交換。
エンジンにセンチネルの高級オイルを入れてもらい、
1年半ぶりに2wayLSDのデフオイルも交換。
駐車スペースのデフに当たる位置にオイル漏れの
跡があり、心配だったのですが、十分な量が
入っていたようです。透明です、σ(^^)の乗り方と
距離だと、もう少し交換時期が遅くてもよさそう。

今回、デフも、wako'sからセンチネルに変更。

溶接が得意な社長とバイクのマフラーと車の軽量化の
話をして、支払い。

当たり前ですが(^^;;;、
オイル交換の効果は、はっきりしていて気持ちいいです、
低回転での、ガサつきが明確に消えて、中回転より上も
軽く回る感じがあります。
忘れがちですが、まめにやらないと…
FI2622084_1E.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

軒下エンジン

部品取りから部品を外したのは、いいのですが、
雨ざらしのモノも・・・
もうちょっと、大事にしたいものです

流石にエンジンは軒下に。
軒下に近い場所に物置を設けて、エンジンを移動。

そして、雨ざらしTYを軒下に。

まずは、庭を整理して、物置を置けるようにしないかぁ (^^;;
FI2622083_1E.jpg

続きを読む

ウキウキと、磨いて (^^)

TYのフォークシールが外れたので、
その日は、気分良く、磨きに入りました。(^^)

軽くサビを取り終えているアウターチューブの
深めの傷やサビを確認して、
砥石リューターで、アルミ削り。

昨日は#360で空研ぎ、今日は600で、水研ぎ。
音の出ない作業なので、家人が寝てから、
ちょこちょこ作業~~ (^^;;

部品を頼まないと、ブーツ仕様から、
ダストシールに変更しようかな。
FI2622082_1E.jpg

続きを読む

白サビ取り

軒下エンジンは、シリンダー、オイルポンプは見たけれど、
放置すること、早4ヶ月。

外観の泥やオイルは適当に落としましたが、
シリンダーやヘッドの白サビはひどく、
フィンの厚さが2倍くらいに見えます。

で、リューターで掃除。
ワイヤブラシ、砥石、ゴム砥石。
エッジはワイヤが良くて、平面はゴムが良さそうです。
砥石は、騒々しいです。
山のように取れた白サビをダスターで吹き飛ばして
おしまい。

時間が掛かるし…もっと簡単に落とせなるといいのですが。

FI2622081_1E.jpg

続きを読む

遂にオイルシールが外れました。 (^^)

予定通り、早起きをして、ガレージセールへ。
日の出が、どんどん遅くなり、
画像は、6:00前。

プロっぽい方は、荷卸ししていますが、
トランポ組の出店者は、まだ、皆様
お友達と談笑中。

寒いなぁ、コンビ二で買ったアンマンと缶コーヒーで
一休み。
FI2622080_1E.jpg

陽が出れば、暖かくなるので、次々オープン。
興味のあるバイクは少ないですが、
ヤマハのタンクを沢山並べてお店も。
TYはありません。

部品屋さんで、TY用のライトステーを。
工具屋さんは、ベアリングプーラーは持ってきていない
とのことなので、タイヤレバーと、ついでにリム
プロテクターを入手。

目的は、オイルシール外し。 (^^::

FI2622080_2E.jpg

外れないオイルシールは、懲りずに、
汎用金具やボルトを組み合わせてみますが、
ダメです。(右上)

ブログにコメントをいただいた「怪獣」さんの
アドバイス通り、タイヤレバーでこじると、
スポン、スポンと、2個とも、無事に外れました、とさ。 (^^)
メデタシ、めでたし。

その後は、気分良く、あれこれ作業できました。
FI2622080_3E.jpg

続きを読む

休みの中日は、片付け、掃除 (^^;;

バイクスペースを拵えるため、
庭関係の片付け。

洗いモノ、枝切り、片付け、
久々に鍬を出しみると、柄が腐って
すっぽり。

仕方がないので、除草剤撒き。
作ったスペースを地ならしして、昔使っていた
ビニールハウスを改造して、部品置き場を作るのだ。

洗車場で、車内とエンジンルームを掃除。
砂利と芝生がたまるんです。
あと、犬の毛。吸込みは時間で、終了ですが、
圧縮空気は、タダなので、シートやエンジンルームは
吹き飛ばしです。あぁ、すっきり!

夕方からバイク仕事。
TYとTLの汚れを落とし。軒下保管なので、
少しずつ、サビが出ます、ガレージが欲しいデス
で、予備エンジンの掃除。
玄関先で、磨いたまま放置していたカバーを装着したり、
ネジやカバー裏をCRCで、油や泥を筆で擦り、パーツクリーナーで
流したりしてからセット。
リューターにワイヤブラシをつけて、アルミのヘッドやフィン磨き。
ブラストなら、早いんだろうな。

昨日の海外マニュアルの続き。
●エンジンがかかるけど、ストールするとき
 その、一般的な原因となっています
・インテークのエアリーク。マウントやホースのクラックとか
 を見てねと、あります
・エキゾーストの詰まり。サイレンサーのバッフルから
 カーボンを除けと。
・エンジンにカーボンが貯まっているかもだから、
 除いて、オイルのレシオを見直しましょう。
・あとは、昨日と、同じような内容
 チョークの使い方は正しい?、燃料への水混じり。
 エアフィルターの詰まり、洗えと、あります。
 燃料キャップのゴム管の詰まり。
 スパークが弱いときは、次の章へ。

明日は、ガレセなので、早く寝ないと。
天気は大丈夫そう、目当ては、タイヤレバーかベアリングプーラー
の安い奴。でも、掘り出し物に出会いたいなぁ~ (^^)



故障診断

TYは、フォークとスポークを終えたら、エンジンを
オーバーホール(OH)しようかな。

きっと、だらだら作業するので、その間は、予備エンジンを載せて、
動くか確認してみたいです。

で、先日入手した英文のマニュアルを読み始めることに。まず、心配な故障診断から。
簡易版のサービスマニュアルには書いてありませんし (^^;;
むむ、いきなり、知らない単語で、つまっちゃいます。

最初は、エンジンがスタートしないときで、6項目
 ・キャブに燃料が流れていないで、対策4項目。
 ・シリンダーに燃料が届いていないが、4項目。
 ・キャブ関係も4つ
 ・プラグに火が飛んでいないが、一番多くて、12。
 ・プラグのスパークが弱いは、1項目。
 ・最後は低圧縮で、対策は4項目。

次は、「エンジンはスタートするけど、止まるケース」、
「アイドルや低速で走らない」、「加速しない」、「高速が×」、
「ノック」、「オーバーヒート」・・・全部で16項目。

キャブまでの燃料だと、
・ガスが少なすぎる。
・タンクキャップのチューブが詰まっている
 これは、聞きますね (^^;;
・タンク-コックの間で、詰まりモノ
・ラインが詰まっている

シリンダにガスがきていない
・フロートチャンバーにきていない
・スロージェットとかにガム
・フロート低すぎ
・ガスがとんで、どこかにタールが詰まっている

キャブとか
・フロートニードルをチェック
・フロートが高すぎ
・チョークは引っ張ると、オン
・エアフィルターの詰まり

プラグに火
・メインスイッチオフ
・キルスイッチ
・プラグが汚い
・プラグギャップが×
・キャップかハイテンがダメ
・キャップがルーズ
・湿気とかでリーク
・スイッチが壊れている
・配線が切れている
・コイルが壊れている
・コンデンサかも
・コンタクトブレーカーかも

火が弱い
・前節を見てね、みたいな

圧が低い
・プラグがゆるい
・ヘッドがゆるい
・メインベアリングシールが破れている
 恐ろしい (^^;;
・ピストンリングが固着しているか、壊れている
 これも、怖い (^^;

飽きたので、この辺で。
最後の方が問題だと、大仕事だなぁ。





続きを読む

やっと、馬から降りました

家人は、それぞれお出掛けなので、
σ(^^)は犬とお留守番。

夏から馬に乗り続けた部品取りのTY125も
丸裸で、いよいよ馬から降ろしました。

ステアリング廻りの取り外し。
Rショックを外して、後輪も取り外し。
FI2622077_1E.jpg

Rアームのシャフトが外れません。
すっかり、骨だけになったTY125。

フレームは、どうしたものか?
嵩張らなくなったので、このまま、しばらくっと。
狭いながらも、少し、庭に広さが戻ったかな (^^)
明日は、何しよ~


FI2622077_2E.jpg

寿命は2年

2年前に、カプチーノのバンパーを自作しましたが、
早くも、塗装が寿命を迎えています。

専用のプライマーを使わず、プライマーの効果も
あると書いてあるプライマーを使ったのですが、
まぁ、こんなものでしょう (^^;;

大きな部品への塗装で、柔軟性のある材料
なので。
長い部品に「よじれ」のような力が加わると、
ベースと塗膜の密着にとても良くないと
思っています。

本塗り、クリア吹きの費用を考えると、
今度は、専用プライマーを使おう!

赤丸が「浮き」、青丸が「クラック」
FI2622076_1E.jpg

カプチは毎日乗っているのですが、
イジっていないです (^^;;

少し前まで、頑張っていたのですが。

フロントヘビーを減らすために、
シートレールエンドまで、バケットを下げ、
アダプター2個とディープハンドルで、15cm近く
ハンドルを手前に寄せたり。

車イジりは、お財布に響くからなぁ~ (^^;;
FI2622076_2E.jpg

オークション品の観察

オークション品のTY腰上セットを
明るい所で、観察。

OHなしの125cc用です。
φ56.002mm。

外観にサビ跡がなく、
良い保管状況だったようです。
FI2622075_1E.jpg

シリンダーは、傷もなく、
手持ちのシリンダの中では、一番良さそう (^^)

給排気ポート下を触診してみましたが、
OKな気配。

燃焼室の近くの内壁に僅かなサビが
ありますが、実用上問題はなさそう。





FI2622075_2E.jpg

ヘッドは、掃除するには、丁度良さそうな
タイミングの汚れです。 (^^)

悪くはなさそうな雰囲気で動いていた感じ。
FI2622075_3E.jpg

ピストンは、純正のノーマルサイズでした。

多少あっても、普通な縦傷は、
ほぼなし。



FI2622075_4E.jpg

反対側です。

ポートの両サイドの汚れは、
吹き抜け?

当たり前ですが、こっち側も傷はなく、
良好。
首振りしていなかったのか、余り走っていなかったのか
良く分かりませんが、めでたし、めでたし。

2ndリングは、固着していました。
ん~、このブログは、画像が5枚までしかようです。


FI2622075_5E.jpg

プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ