FC2ブログ

遅ればせ、オークションデビュー (^^)

人様より、大分遅れて、オークションデビュー!

無料会員なので、\5000未満の入札までですが、
σ(^^)は上限があった方が歯止めが利いて
良さそうです。

やって来たのは、TY125の腰上3点
開梱して、ピストンの動きのみチェック。
引っかかりは、無さそう。
シリンダ壁やピストンは、週末の楽しみに。

外しただけのようで、カーボンの付着やプラグは
動いていた直前の状態を窺える感じです。
FI2622074_1E.jpg

TY125のチェーン

チェーンのサイズは、Webの部品検索、簡易版のサービスマニュアル
ヘインズには、情報がありませんが、いただきものの当時のパーツリストに
情報がありました。

品番 94524-28108 チェン(DK428-108L)

なので、428サイズで、108コマ
注意は、FとRのスプロケで、14Tと45T。
歯の数を確認した方が良さそう。
110コマを買って、TY175の51T(R)が入っていたら、
足りませんので (^^;;

長いのを買って、装着して、適当な長さに切れば、
良いいだけですが。

参考ですが、TY175のスプロケF/Rは、13/51。
エンジンを換装しているバイクは多いので、注意が要るのかな。



続きを読む

オイルシール外し、ん~、あと一歩

今週も、オイルシール外し。
マニュアルのようにドライバーで、外そうとしますが、
ビクともしません。

Webでチェックすると、
ダストシールとクリップを外し、フォークを縮めると、
圧がシールに集中して、パコっと外れるとか。
理にかなってますなぁ (^^)

が、もう、遅い。
ゴム部は、こじり傷でメタメタです。

なので、治具作り



FI2622072_1E.jpg

蝶ネジで、シールを引っ掛けて、
ボルトで引き上げる、みたいなイメージで。

ボルト一組\60、座金\75,30、蝶ネジ\60

持ち上がりました、5mmちょい。 (^^;;
FI2622072_2E.jpg

ですが、詰めが甘い。 (^^)
座金の位置(=フォークの上端)までしか、
シールが上がりません。

ここまで上がれば、ドライバーやモンキーのお尻で
外せるかと思いましたが、
動きませんデス。
とほほ。

コジって、アウターを割っても悲しいので、
今日は、この辺で諦めます。

もやもやしますが、昨日し残したTYへの給油、3.6L。
98kmなので、燃費は27km/Lでした。
FI2622072_3E.jpg

続きを読む

東秩父

家を出て、1時間ちょっと。
TYの調子も問題はなさそうなので、
東秩父の山道を通ってみることに。

R299に少し乗って、果樹園の多い芦ヶ久保に左折。
リンゴとかを見ながら、九十九折の道を
主に4-5速でひたすら登り、丸山(960m)の駐車場で、
休憩。ここも自販機がない!
寒いぞぉ~、指が、膝が。
Gパンと薄い革手じゃ、厳しいデス。

大野峠~白石峠(750くらい)~定峰峠(500ちょい)

どの道も舗装林道です。
分岐する林道は、どこもクローズみたいでした。

定峰のお茶屋さんが開いてます、珍しい!
寒いのに、NSRとかの走り屋さんバイクが10台弱。
大型スポーツ、ツーリング風各2台。
車1、自転車3。

やっと、自販機。
缶コーヒーで手や腿を暖めたり。
15:00いつまでものんびりしていると、
陽が傾いて、寒くなりそうなので、出発。

あとは、下るだけです。
道も広く、川に沿ったワインディングは、集落を含めて、
気持ちよく走れます。 画像はありません(^^;;

16:00に帰宅、正味3時間弱走って、無給油で98km。

・50-60km走行、再始動とか、問題なし。
・前輪は、速度によって、振動がある感じ。
 路面の状態とタイヤのせいかも?
 イーハはビードストッパーが付いてても振動しないけど。
・ブレーキは効かない、オイルは飛ぶ。
 普通かも (^^)
 ブレーキは、もう少し調整。
・気を抜くと、かかとでギヤが入らない。
 普通の靴じゃ、向いてないないのかな?
 キックの所のシールからオイルが滲んでいるので、
 ちょっと少な目になっているのかな (^^;;

FI2622071_2E.jpg

続きを読む

北からの武甲とTY125

楓とTYで記念写真をと思ったのですが、
境内には、乗り入れることはできませんでした。

駐車場の向こうに、黄葉した木が見えるので、
それを背景にパチッと。


FI2622070_1E.jpg

一部削れてはいるものの、
壁のように、そびえる武甲も。

全部、石灰で、できているのかな~。
FI2622070_2E.jpg

秩父の楓を 1

午後に、先週満タンにしたTYに乗り、
秩父へ楓を見に。

アクセスする道が混雑するので、
なるべく裏道で。 (^^)
児玉から本庄サーキットの脇を抜け、
信号のない川沿いの道を
無理なく50-60kmで快適に。
タイヤはヒビヒビだし、
少し距離を走るので、無理はしないで。

でも、イーハと同じで、クセがなくて乗り易いです。

山を2つ越えると、荒川。
川沿いに上って、やがて秩父、R299に乗り、街中へ。
R140を越え、西武秩父沿いに少し走って、
横瀬辺りの看板を目印に、八番札所の西善寺。

混んでいなくて良かったです、3-4組。
観光地化していないか、心配でした。
楓の保全のためとのことで、\200を入れて、
いざ、楓へと。

紅葉には、まだ、早かったですが、
樹齢600年を感じさせる力強い広がりを感じますなぁ。

境内からでは、全体を撮ることはできませんでした。




FI2622069_1E.jpg

フォークのピストン

TY125(8mm)とDT50(10mm)では
フォークのアウターとピストンををつなぐ
ボルトの径が違います。
また、ピストン下のカラーもやや太いです。

もし、DTのピストンとアウターを組合せるなら、
アウターに10mmネジを刻むことと
カラーを細くする作業が必要になります。

TYのピストンが、作業が少ないことになります。

 ピストン 穴 上部
DT 太 2 シンプル
TY 細 1 複雑

DTのスプリングは、短く粗巻き、カラーは長いです

で、TYのピストンと「スプリング」、「カラー」を
ボルトにテンションの掛かる組合せが。
撮った画像を見れば、その組合せは、分かるかと
思いましたが、さっぱり思い出さない……

依然オイルシールは、外れませんが、
安心して、アウターのサビ取りに入りましたとさ。



FI2622068_1E.jpg

続きを読む

フォークインナーの転用 可能かも(^^)v

Fフォークのサビが目立つので、何とかしたい。
王道は、研磨・再メッキなのでしょうが、
先立つものが・・・ (^^;;

DT50のセットをそのまま装着し、アウターに
フェンダーやドラム用のステーを追加、
シャフトにカラーを入れれば、安くピカピカ
フォークになる気がします。
こっちは、多少工作が必要ですが、
安く上がりそう~。

組み合わせると、どうなるのか、スタディ。
あれこれ内部の部品を組合せると、
塩梅の良さそうな組合せがありました。(左)

これで、フォーク関係の準備を進めてみます。
FI2622067_1E.jpg

ツーリングの前に

少しコーヒーブレークして、TYの調子を確認しましょ。

年初のTY購入のときに、秋には、どこかに行ける
ようになりたいと思っていたので、そろそろ
来週辺り紅葉見物に出掛けてみたいです。

キック3発で目覚めて、
ガソリン補給を兼ね、いつもの土手へ。

晴れ間の覗く赤城、どんよりとした妙義、
雨が降っていそうな、東秩父。
見晴らしはいつも良好です。
雲間かた陽が射す御荷鉾の方角の空が
面白かったので、背景にパチッと。

河川敷のラジコンは終了していましたが、
空には、数機のウルトラライトプレーンや
気持ち良さそうに走るスコルパが。

いじっているときの時間も楽しいですが (^^;;
やっぱり、気持ちいいから、走らないとデス!

風景の中のTY画像は久振り。
FI2622066_1E.jpg

続きを読む

DT50フォーク分解

ガレセから帰宅しても、まだ7:15。

午前中は、時間の合間を縫って、
TYのFフォークアウターのバリや凹みを
砥石チップを付けたリューターで削ります。

そして、今週のお楽しみイベントDT50フォークの
分解作業へ。

ヤマハの部品検索で、パーツの構成を出力して
から分解。
が、アウター下のボルトを緩めても、ピストンは
空回りして、抜けません (T_T)
TYのようにしても×!

自転車に積んで、ハーレー屋さんに行き、プロに
頼ることに。
インパクトで、ダダッと回すこと、数十秒、
呆気なく外れますデス。

持ち帰って、分解、ふき取り、脱脂、
で、TYと並べて記念撮影~。

パッと見、大きさは、似通っていますが、
製造時期に少し時差があるせいか、
かなり、特徴が違います。
FI2622065_1E.jpg

プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ