FC2ブログ

ペンキ塗り

スポークのサビの取り残しを
砥石で最終的に落として、
ペンキ塗りです。

新聞を敷き、
紙コップに塗料を入れて、
ヌリヌリ~。

見る見る銀色に変わって、
気持ちいい~ (^^)
ニップルは塗りませんが、
プラグは、勢いで塗っちゃいました(^^;;
FI2622056_1E.jpg

少し、乾かして、反対側も。
スポークの重なりも筆を入れて、
今回は、ここまで。

スポーク組替までの
安易な代替ホイールですが、
2mも離れれば、
結構、見られる気がしてきました (^^;;


次の週末に、もう一回、筆を使いたいので、
適当に洗って、今回はおしまい。
あとは、塗りムラとプラグの一部を
ペンキ塗りすれば、ホイール交換できそうです。
FI2622056_2E.jpg

続きを読む

スポンサーサイト



ブラインドパーツ(DT50フォーク)

ガレセで、
キャリアは買えず、シルバーチェーンを買おうか、
リアショックにしようか、頭の中でコンペして、
DT50の中古フォークが勝って、
入手です (^^)

TY125のフォークは、30mmですが、
少し前に同じ径のバイクをチェックして、
長さも似ていそうな情報をWebから
ピックアップしていたので (^^;;

取敢えず、先週は抜き切れませんでしたが、
部品取りの錆びて太ったフォークを
ブラケットから抜きましょ。
ブラケットの隙間に、先週より思い切って貫通マイナスを
叩き込むと、外れる気配が (^^)

フォークの上にプラハンをあてがって、
500gか1kgか、忘れましたが、
重めのハンマーで数叩き。

DTの方が全長が長く、アウターは
TYの方が長いです。

インナーと下のパーツが合ってくれれば、
カラーの製作位でいけそうな気が…
一番安上がりだし。
突き出しが大きくなる位。

ダメなら、2択か?
・お財布が楽なのは、DTのを装着して、
 ブレーキドラムとフェンダーの固定を考える。
・作業が楽なのは、TYのインナーを再メッキ。

FI2622055_1E.jpg

ガレセに

昨日は、ブログの調子も悪く、アップロードに
失敗したので、諦めて、早々に就寝。

で、今日は、今月2回目のガレセに。
早起きして、5:00に出発~。
暗いです、5:15には到着。

まだ、東の方が白み始めたばかりで、
暗いですが、既に駐車場には、100台余りの車。
車中で、明るくなるの待っている人もいますが、
σ(^^)も多くの人と同じく会場へ。

ん~、見えません (^^;;
常連さんは、懐中電灯を持参ですね。
この時点では、40店くらいの出店。
小物屋さんは、お店を広げるのに時間が掛かりますが、
トランポから降ろすだけのバイク売りの方は、
準備が早いです!売れて行くのも…

部品取り付きイーハを発見、キャリアが付いてます。
売主さんと、バラ売りを交渉、あとタンクも。
売れ残ったら、考えるとのことでした。

今回のトラ車は、TLM2台、ファンティック、アプリリア。
国産は、すぐに売れ、外車は、いずれも50k以下の値札。
売主さんにTYのことを尋ねましたが、手持ちはなく、
ホンダ車なら、あるとのこと。

あと、いい感じな70年代のハスラー125が。
バイクは、増車できないので、適当に流し~

リアサス、チェーン、工具、マニュアル、ステッカーをチェック。
TY50とTL50のタンクが出ていますが、穴が。
掘り出し物はなく、ロープライスな新品は、いつでも入手できるので、
見送り。

大分時間が経ったので、イーハの売主さんにキャリアの件を
再度チェック。どうやら、バラ売りの気はない模様。

今回の旧車は、山口、ガスデン他、国産2社、60年前半より
前のバイクを並べた方が。
参考に値段を伺うと、300k位らしいデス (^^;;

結局、冒険して、TYに装着できるか不明な中古Fフォークを購入。
帰宅は、今回も8:00。

あとは、色塗りしたり、部品取りからフォークを外したり、
イーハに乗ったり。
風もなく、暖かな、好い一日でした。




FI2622054_1E.jpg

クラウン磨き

夜な夜なクラウンを磨くこと1週間。
ダイヤやすり、ゴム砥石、
空研#240、#400、コンパウンド。

凸凹、くすみ確認。

もう一度、ダイヤやすり掛け。
くすみは取れたけど、
大きな凹みは取り切る頑張りはない~
#240→400→ゴム砥石。

こんなモノで、仕上げに入りましょ。
あとは、コンパウンド、メタルポリシュ掛け。


FI2622053_1E.jpg

お勉強中 (^^)

σ(^^)は、エンジンいじりの造詣が深かったりしません! (^^;;
腰上やキャブはいじったり、交換しても
特に問題はない程度です。

もう少し、いじれると楽しいかな、
と思ったりして、
勉強用にジャンクエンジンを買い、
クランクまでバラしましたが、
それも、専門工具がないので、そこまで。

コメントにエンジンの話題を戴いているので、
6月に開けた予備エンジンの情報を少々。
FI2622052_1E.jpg

このエンジンは、降ろす直前まで
元気に走っていた気配のある一番程度の良いエンジンです。
ヘッドのカーボンを落とすと、「25」の刻印。

1オーバーサイズのピストンでした。
FI2622052_2E.jpg

これは、同じエンジンのシリンダーで、
スカートの刻印は「000」

製造時のシリンダーサイズ(φ)は66.000mm
OHしているようなので、66.25mm位なのでしょうね。
FI2622052_3E.jpg

これは、焼き付きで、要OHのシリンダーです。
「003」(66.003mm)の刻印です。

印が上のシリンダーと違うのですが、
売主からのフレーム番号情報によると、
かなり初期型のようです。

この辺までは、抵抗なくバラせます (^^)
一度しか、バラしていませんが、
腰下もクラッチやコイル辺りまでなら、
何とかなりそうな気がします。

σ(^^)の場合、情報を集めながら、
少しずつ、のんびりと
いじれるようになれれば、いいかな (^^;;



FI2622052_4E.jpg

続きを読む

Webで検索

ご存知の方も多いかと思いますが、
ヤマハの部品検索は便利ですねぇ。

TY125は、アップしていませんが、
共通部品の多いTY175は検索が可能です。

ここをクリックすると、部品検索にジャンプします。
表示の左上の亀の子(赤丸)をクリックすると、
注意事項のウィンドウが開きます。
下までスクロールして、「同意」をクリック。
機種名選択の排気量タブをクリックして、126-250ccをクリック。
下の機種のタブをクリックして、TY175をクリック。

で、「検索」をクリックすると、リストのウィンドウが開きます。
青文字をクリックすると、やっと「部位」のウィンドウへ。

例えば、「2」のクランクをクリックすると、
挿絵と、部品名が表示され、汎用のベアリングだと、
一般の型番も併記してあったりします。

探している部品を好きなだけクリックして、
検索をクリックすれば、在庫と金額が表示され、
あら、便利ィ~。

σ(^^)は、PCの通信を待つのが面倒なので、プリントして、
パーツ番号を入力して利用してます。
プリントすると、組立てのときにも役立つし (^^;;

なかなか便利なサービスですねぇ

では、ピストンリングは、・・・
おぉ~、高い!
FI2622051_1E.jpg

続きを読む

グリスアップ

午後から、バイクいじり。
スポーク磨きは、飽きてしまったので、
ペンキ塗りの準備はできているものの、
見送り。

で、アルミ製クラウン磨きの第一弾として、
リューターに砥石をつけて、バリ取り。
はまります (^^)
段差を落としたら、鋳物の凹みが
気になったりして (^^;;
かれこれ、1時間以上。

FI2622050_1E.jpg

実用的でない作業はこの辺で止めて、
ハンドル周りのボルト、スクリュー類で交換を
終えていないレバー固定ボルトをステンに交換。

ついでに、カラーを洗浄して、
こてこてに、グリスアップ。

地味にステンに交換していますが、
最近は、高くて、少し困ります。
FI2622050_2E.jpg

続きを読む

ホイール

ホイールのスポークをサビ取り。
不精して外さずに、作業しているので、
スポークのクロスする辺りのサビ取りとか、
時間が掛かります。

リムとスポークを磨いたりするのは、
これで、3回目です。
緩んでいるスポークのニップル締めましたが、
ニップル2つが回りません。

ある程度、鉄の地肌が見えてきたので、
シャフトを抜いて、分解。
タイヤは、平置きでの作業に移ります。

ブレーキとクラウンも外しましたが、
サビサビフォークは、抜けまへん~~


FI2622049_1E.jpg

続きを読む

ペンキ塗りグッズ

部品取りのホイールは、
リムの状態もスポークもかなり悪くて、
スポークを交換しても、
余り見栄えに期待が持てないので、
手を掛けないスポークの筆塗りを
やってみます。

飛び石の剥げとかは、模型の塗りモノで
用が足りますが、少し塗る面積が多そうなので、
ペンキ塗り3点セットを入手。
スプレー缶と同じ値段でした。

明日は、天気が回復しそうで、何よりです (^^)
FI2622048_1E.jpg

続きを読む

良いことがないと、楽しくないかも

ポンプの惨状を見てしまったので、
楽しくなるような作業をしてみました。

磨いたフラマグケースを
ステンのネジで止めて、
輝きを取り戻す作業。

オイルポンプもステンネジで固定してあれば、
あんな状況にならなかったのに(ブツブツ・・・)



FI2622047_1E.jpg

カバーを開けて、30余年分の汚れを
パーツクリーナー&ブラシで落とします。

アルミ地肌が顔を出してくれ、
気持ちのいい作業です。

鉄部やシール部にルブ塗り。
FI2622047_2E.jpg

いつかピカピカなカバーに似合った
腰上を仕上げたいです。

再塗装したマフラーも半年足らずで、
サビが目立ちます。
耐熱塗料をちびったのもありますが、
やっぱり、駐車環境を考え直さないとかな (^^;;
FI2622047_3E.jpg

続きを読む

プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ