FC2ブログ

信州天狗山(馬越峠)

三国峠を信州側に下ると、
靄も晴れ、
路面も良く、緩やかで、気持ち良く走ることができました。
峠を越えると、景色が違うなぁ、
落葉松かな、高原っぽい雰囲気で、
下草も少なく明るいです。

レタス畑を抜け、昆虫採集する人を
眺めながら、千曲川に沿って、
集落のある街道へ。

1300m辺りまで下って、
右折して天狗山を目指します。
林道でなく、ワインディングですが、
気持ちよく、400mほど駆け上がり、
馬越峠に到着。

撫子やアザミが、多数咲いていました。
今回の花のスポットは、ここだけ。

看板によると、ハコネコメツツジなる植物が分布しているそう。
「箱 猫目 ツツジ?」じゃなくて、箱根米ツツジ。
丁度、花期だったみたい。
見ておけば、良かったなぁ~

FI2621971_1E.jpg

賑やかな看板(三国峠)

峠には、立て看、ベンチなど施設が
あるのですが、
町の看板には、登山など訪問者が記念に
貼ったステッカーが賑やかです (^^)

他の施設には、全く貼付していないのは、
マナーがあるとういうことでしょうか? (^^;;
FI2621970_1E.jpg

三国峠

沢で戻るか、進むか迷いましたが、
夕方の帰宅を選択して、先に進むことに。

フラットダートも少し轍が目立ち始めると、
渓谷を離れ、森を山登りする景色に。

20分ちょっと登り、山頂に近い場所で、
中年男子1名の登山者を発見。
苦労して歩いて人をバイクで抜くのは、
気が引けますなぁ。

峠(1828m)にて。
左が埼玉で、右の立派な案内は長野県側です!

FI2621969_1E.jpg

沢 (中津川林道)

更に10分ほど走ると、沢。
水が、豊かです。
人里離れた上流ほどナチュラルな感じで、
気分もすっきり (^^)

カブなHPの方を真似て、
バイクと流れのある水をパチっと。
バイクが全面に出過ぎ。

もう少し、水が全面に出た感じで
撮らないと、ダメですねぇ。
涼しい感じが出てないな。

FI2621968_1E.jpg

素彫り隧道(トンネル、中津川林道)

更に、数分、走ると、
あったぁ~、補強なしの本物の素彫り隧道(トンネル)です!

画像を加工して、中の様子を見易くしてみました。

・掘るの大変だったんでしょうね。
・・たくさんの人が、徒歩で通ったのかな。
・・・そして、植物の生命力は、恐るべし!!

FI2621967_1E.jpg

続きを読む

素彫りのトンネル1

鉱山の横を抜け、中津川林道を右折して、三国峠へ。

舗装され、バスが通れるのも「ふれあいの森」まで。
その先のダートは、18年振りです。

やや広めの渓谷を眺めながら、走ることができる点は
今も昔も変わりなく、近郊にある林道では、
なかなかの趣です。

ダートに入って、まもなく、トンネルが。
いきなり、ワイルドな素彫りっ!

固そうな岩やそこに生える草とか、だけでなく、
これを掘った昔の人、通った人とかを想像すると、
何とも味わいのある佇まいです。

・・・反対側の入り口には、残念ながら、
コンクリートのスリーブが。
FI2621966_1E.jpg

続きを読む

森林管理道 上野大滝線

新しい林道ではないと思いますが、トンネル工事の
予算で看板も作り直したようです。

その内容をタイプすると、
「秩父中津川地区と群馬上野村をむすぶ21.9kmの森林管理道です
この道は、木材の搬出、森林整備のほか、災害時における●●
(画像の字がつぶれて、読めない)、天丸山へのアクセスとしても利用」
お仕事だけでなく、遊びに使ってもいいのね~ (^^)

林道の主な役割も書いてあります。
1.水資源など森の持つ様々な機能を高めるため、森林整備が必要。
2.木材の搬出経費を削減し、効率的な林業経営を図る。
3.山村地域への道整備。
なぁ~るほど。

昨日アップした林道入り口の模様です。
切り立った山と深い渓谷。
道は、ほとんど渓谷と併走しないようなレイアウトでした。
FI2621965_1E.jpg

峠へ、林道へ

天候は、悪かったのですが、
230kmほど、群馬、埼玉、長野の山を
走ってきました。

少し靄った十石峠街道を上って、
上野(群馬)大滝(埼玉)林道の分岐の手前で給油。
2Lしか入らない~、申し訳ないっ、
でも、この先に給油ポイントがないんデス (^^;;

舗装してあるタイプの林道で、沢沿いに上ります。
何かトラぶっているのか、山菜の採集を禁じる看板が、ちらほら、目に付きます。

道沿いに民家もないのですが、道の状態はいいです、
ぐんぐん登って、山頂近くに集落が少々。
陽当たりの良い場所に畑を構えるようなスタイルの民家は時々見かけますが、
この辺りのほとんどの集落は斜面に張り付くように、更に密集していました。

ここまで、すれ違う車もいませんでしたが、山頂の天丸トンネルは、500mもあるそうです。
でも、灯りがないトンネルは、イーハには厳しいですね、靄も重なり、全く何も見えず、
白線だけが便りです。
天気が良ければ、1508mの天丸山が見えるのでしょうが、残念!
山を下り始め、埼玉に入ると、道は、ダートになり、靄も晴れてきました。
この辺りは、本当に林業で利用している感じです。
林業の人も居れば、丸太が置いてあるし、重機も道端に駐車(放置?)してます。

ここは、地図だとフラットダートになっていたのですが、凸凹はあるので、
スタンディングでないと、危ない感じでした。

沢沿いに下っていく途中にある大きな岩盤に開けられたトンネルで、
パチっと。

岩は高さ100m位ありそう、ごついです。(続く)

FI2621964_1E.jpg

続きを読む

国籍不明な工具たち2

スプリング外しのフックを持っていた気がしたのですが、
行方不明。ピックと4本セットで¥500を見かけたので、
購入。

メイドイン**のような表示は、この工具もないですが、
いろいろと表示はあります (^^)

クロムバナジウム鋼との表示や用途の挿絵が
あり、やはり親切です。
どんなシーンで使うものか、少しわかりました。

スプリングの他には、
ヒューズ外しに90°のピック。
コネクターから端子を外すのにストレート。
Oリングの入れ替え、ケガキ、工具へのマーキング
を意図した工具のようです。

ふふ、σ(^^)は、知らないことばかり也~
何でも楽しめて、得かもしれないと、ポジティブシンキング (^^;;;;

FI2621963_1E.jpg

ショックドライバーで、コイル外し

固くて、手が出なかったコイルユニットも
ショックドライバーで簡単に緩みました。

一旦、バラして、パーツクリーナで洗浄。
ユニットは、大丈夫そうですが、
耐熱チューブも、配線もコチコチで、
寿命は近そうです (^^;;

この辺で、電流が漏れるケースもあるのかな。
組上げて、ストック部品2箱目に入れました。

FI2621962_1E.jpg

プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ