FC2ブログ

乗って楽しい、見て楽しい

車イベントに行くと、ピカピカの車を多く見かけます。
ピカピカの中でも、特に艶が美しい車を見かけ、
乗るだけでなく、見ても楽しい感じで仕上げていたりする車も
多い事に驚いたりします。

ビンテージカーのイベントでも出発前に
見た事のないワックスで丹念に磨かれている方を
見かけたりして、ちょっと気になり、ワックスの事を調べ、
その中から1つチョイスしてみました。

興味がなかった領域なので、取敢えず検索。
検索ワードは、ワックス and ビンテージカー or クラシックカー or
ショーカー。それらの結果から、オートグリ●、ザイモー●

前者は、英国製、液剤が多く作業性が良さそうで、
業務用も販売しているよう。
後者は、練りタイプで、カルナバ高含量が特徴。
国内高含量の数%に対し、37-51%だそう。
値段は、かなり・・・、汎用品でも最高品は2万近い~
200gちょっとですよ(^^)
カスタムグレードだと、30万とか、7万も

同じ額だと、興味があるのは、後者かな。
シュアラスタ●で使ったことはあるけど、カルナバロウって?
南米のカルナバ椰子の若い葉から採るそうです。
古い葉からはグレードが落ちるロウしか採れないみたい。
カルナバロウ1号(Prime Yellow)がワックス用らしいです。

値段は、ディラーの汎用品8.5K。探すと、5Kがありました。
高いですが、小さいカプチは、普通車よりも塗る事ができる
回数も多いし、何より使ってみなくては、いいも悪いも
分からないので、手配。

2日で到着~、綺麗だし、ん~ん、いい匂い。





FI2518596_0E.jpg

スポンサーサイト



ん~

ネットでの部品調達のタイミングが悪く、どれもGetできないです。

スロットルボディは、オークションの入札が無い場合、譲っていただける
筈だったのですが、ギリギリの時間で落札がかかり、X。

中古部品屋さんでCPU N1が11Kで売りに出ていたのですが、問い合わせる
と、既にSold Out!

まぁ、のんびり、エンジンルームをすっきり見えるように配線とか見直しながら、
もっと良いカーボンの焼き方とか考えることにします。

市販樹脂フェンダーとか、適当なエアクリ交換とかも興味ありですが、お財布が。

大仕事系だと、リアガラスの置換とか、自作前後バンパーの見直しを
優先した方がいいのか?

いずれにせよ、連休は間近ですねぇ (^^)





16回

小海杯2日目の模様を
まとめました。 

クリックでジャンプ

来年に向けてまとめると、
・余裕を持つため、メモリーを1枚買い増し。
・余裕を持って、背景の山や建物に注意してから撮る。
・スタートは、フレーム内の場と余り馴染まないギャラリーに注意する。

動いている車に注目しながら、どこまでできるかな?

画像は、運転席から手の届く所にセットした
ティッシュの箱とタバコ入れです。

FI2501962_0E.jpg

6つ目

カーボン製ティッシュボックス完成。

ボディ:プレート8枚(内、補強4)、アングル4個
フタ:プレート2枚(内、補強1)、アングル1個
アルミ:底板1、ステー1、補強2
リベット:15個

ホットプレートの焼きムラもクリアを吹けば、
目立たち難くなります。

車内を転げまわる物が減ったかな (^^)
FI2499508_0E.jpg

隙あらば、

カーボンティッシュボックスの準備をしたりして (^^)

早朝、パジャマで、底板のアルミ板にサフを塗った後、
薄くフラットブラックを塗って、タイムアップ。

風呂上りにステーのアルミを切り出し。

それから、寂しい上板に文字を塗装するための
テンプレートを作るため、紙の切抜き。
FI2494972_0E.jpg

ファンの交換について

データをとり、分かったことや感じたことを。

換装により、ファンの風量が下がることは分かっていたのですが、
アイドリング時で、ON-OFFに要する時間は約4倍になりました。

アイドリングでファンがON-ONになるインターバルは、
換装による影響を余り受けない感じです。

また、試験回数は1回ですが、温風を送風すれば、ON-ONに
なるインターバルは2倍以上長くなります。

夏場はどうなるか分かりませんが、
取敢えず、混雑により停車する時間が多少長くても
大きな問題は発生しないような感触です。

詳しくはこちら

でも、作動時間の長いことによるファンの寿命や加工に要した
時間や費用、自作ステーに対する信頼の低さを考えると、
小さ目の軽量ファンを装備した方が良かった気がしています(^^;;

でも、楽しかったから、よしっ!、と。

仕上げ

予想が外れて、天気が良かったので、作業を2つ。
1.バイク用冷却ファンへの換装。
 ノーマルファンのデータ収集。
 ステーの穴位置はバッチリでしたが、エアクリが入らない (T_T)
 確認ミスです、スペーサーをかませて、エアクリを持ち上げるか、
 ステーを切るか、後者を選択。
 換装ファンのデータ収集。

2.カーボンのタバコ入れを装着。

「エンジンも楽しみ」の正解画像です。
ロータスのエンジンは、17だったような気がするのですが、
ちょっと怪しい、11かも知れません。

FI2484750_0E.jpg

koumi_エンジンも楽しみ

ボンネット、トランク、カウルを開けるのを待ち、
いろいろ拝見してきました。

手入れされたエンジンを見て、σ(^^)の車を反省したりしますが、
シンプルなエンジンは、潔くて気持ちいいです。

何のエンジンだか、分かりますか?
エンジンを載せた車種は、また後日。

FI2479127_0E.jpg

koumi-mono_1000

Abarth mono1000が
スタート、丘を登る、計測通過、駐車場に
戻るシーンです。(モザイクありデス) (^^)

この大きさだと分かりませんが、
スタートはちょっとボケ気味です。

左下は、オーナーさんの様子もばっちり、
楽しそう~ (^^)

FI2476256_0E.jpg

続きを読む

四ノ二

カーボン製タバコ入れ完成~
270x60x75mm
誰もドライカーボン用のプリプレグで作ることはないでしょ~(^^)

底板は0.3mmアルミにカーボンを貼っています、一つ分かったのは、
加熱硬化後の放置冷却すると、縮んでくるくると丸まってしまいます。

それを伸ばして、接着剤で箱組みしてアルミステー2つを
リベットでつないで、あとはCapuにマウントするだけです


FI2473654_0E.jpg

プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ