FC2ブログ

積層

折角ホットプレートを出したので、適当に積層してみました。
3x4cm位の大きさで、試しました。

・1枚目を10分ほど焼いて、エッジをハサミでカット。
・それより少し大き目のプリプレグを切り抜き、
 カットしたプレートに指で押し当てる。
・焼いたプレートをホットな面に乗せ、 適当に
 「へら」で押し当てると、10分で硬化。
 熱がかかると、生乾きの樹脂が溶け出し、
 自発的に密着してくる気配もあります。
 でも、隙間が少しあります。爪を差し込んでも、
 剥がれる気配は 無いですが、いまいちカッコ悪いいかも(^^;
・5枚重ねてみました。この厚みだと、金属音で
 いいです!

エッジを問題なく普通のヤスリで整え、シフトパターンの台座が完成~

指で押さえての密着は僅かに浮く箇所があるので、
もう少し積層にも工夫が必要な感じです。
FI2437473_0E.jpg

スポンサーサイト

オーブン硬化

船体とかは、真空バッグでなく、オーブン硬化させるとの情報を見て、
いろいろなアプローチがあるかなと思い、プリプレグを入手してみました。

なので、硬化しない昨日のプリプレグは放っておいて、
ホットプレートで、プリプレグを焼いてみました。

設定130℃の状態です。
・乗せると、浮きができるので、「へら」でプレートに貼り付けます。
・余分な樹脂がはみ出てくるので、「へら」で軽く除く。
(丁寧に除くと、硬化が始まり、ムラができる)
・エッジが、織1-2個分浮き上がり、目が開くので、捨てる部分になりそう。
・20cm幅だと、この時点で発生した気泡による盛上りは、もう消えませんでした。
(5cm幅位なら、大丈夫そう)
・10分位で、テフロンコートのプレートから簡単に剥がすことができました。早い!
 で、10分でも15分でも硬さは同じ位です。
 はみ出た樹脂は、飴色です、温度が高いのかも(一応80℃硬化タイプ)

1pryは弾力があり、爪で弾くと、いい音します(^^)
自作すれば、30x20cmでも\500前後なので、ジュラルミン1mmより少し高い
程度の材料費になり、意外と「高くはない」と思っています。
いろいろ試して、いい条件を見つけたいものです。

もう少し低温での確認は後日にして、次はプレートによる積層の状況を・・・


FI2431895_0E.jpg

カット

○ごく普通のハサミで、繊維がほつれることなく切ることができました。
 ポンチでの穴あけやカッターでのカットも簡単。
 ほぼ、好きな形が出せます、繊維がまっすぐカットする目安にもなります。
○触ったくらいでは、指がベタついたりしませんが、曲面に合わせようと、
 指で押し当て続けていると、ちょっとベタつきます。
×硬化ですが、これが予想と違いました。
 作りたい部品にシリコンを塗り、プリプレグを乗せて形を整えます。
 ファンヒータの前やコタツの中に置いたりしたのですが、1日では
 まだ、柔らかい感じ。
 更に、曲面は、元のフラットに戻り、細い部分は歪んだりして、
 この方法は、今ひとつでした。もう少し、方法を工夫しないと、
 「自作だから愛嬌かも」といったような物すらできない~~
 作りたい部品が、樹脂ではなく、金属だと、熱のかけようがあるのですが

明日は、フラットな1枚板の作成状況を・・・

FI2428978_0E.jpg

プリプレグ

カーボンです。

ドライカーボンを作るには、機材が必要そうですが、適当な小物工作なら、

・ハサミで切れるらしい。
・ウェットと違い、樹脂の使用に伴う汚れを避けることができそう
・80℃で硬化するタイプなので、作業しやすそう

なイメージがあったので、まずは1m入手。
土日は、少しいじって遊びました(^^)

バイクのチェーンに着いた汚れを落とし、ルブを塗って、ひとっ走り!


FI2426201_0E.jpg

目覚め

暖かくなってきたので、バイクを冬眠から起こしました。

セルを回しても、かかる気配もなく、取敢えずプラグ交換。
市販のT字プラグレンチは、入らないから、車載工具で外します。
一番右のプラグは、どうやっても車載は入らないので、適当なジョイントを組み合わせたラチェットで外します。

セルを回してみると、いまひとつパワーもないので、急速レベルで1時間弱の充電。
セル2発で目覚めました(^^)、ホッ。キャブクリの出番はなしでした。

近所を走って、高回転の具合を確認、問題なし。今年も楽しめそうです。

車関係は、新しい材料(σ(^^)にとって)を手配。



FI2413581_0E.jpg

ドアのパンチ

土埃の舞う寒い一日になってしまい、屋外での作業は中止。

ドアにパンチ穴をあけたくて、試してみましたが、
余り軽くはなりませんね~

30mmを36個抜いたので、その重さを計算してみます。
 ・実測50g/16個
 ・センターのドリル穴10mm
 ●50x36/16x(3x3)/(3x3-1x1)=126.5g

工具の購入を考えると、割高な感じになりましたが、放って置いても重さが減る(出力が増える)訳ではないので、ヨシとしましょ! 


パンチ穴

天気が悪かったので、
パンチ穴(18x2)の錆防止のためのペイント作業に変更。

バイクが冬眠から目覚めないので、充電したり、
プラグやキャブクリーナーを買ったり。

ファンはとステーをつなぎ、後は、ノーマルと換装するだけです。
した。+150gで、1kgに仕上がりました。

FI2404423_0E.jpg

クロスミッション

どんな感じなのかな、あぁ~乗ってみたい。
あぁ~~、先立つものがない~~~

やっぱり、日曜大工な工作が身の丈ですね。(^^;;
ポリカーボネートを入手しているので、次の工作を考えよう。
休日は、天気が良かったら、ノーマルのファンの能力を
調べたいです。
FI2401737_0E.gif

走行性能曲線

Scanして、手直し。

クロスミッションって、興味ありますが、高価過ぎます(T_T)
FI2381686_0E.gif

早朝、サフ吹き

日々、1工程づつ作業。
FI2379012_0E.jpg

プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ