FC2ブログ

えびすさんの櫻玉2013

今年も桜の季節が過ぎ、
えびすさんが、櫻のとんぼ玉を造られました。

毎年、譲っていただき、早5年
IMG_5745.jpg

サイドメニュのとんぼ玉に、ここ5年の作品が

陽にかざして
IMG_5750.jpg

ディスプレイもいいのですが、普段持ち歩く
メインのキーホルダーにも付けています。




スポンサーサイト



「えびす」さんのとんぼ玉2012

春が来て、えびすさんが、新作ののとんぼ玉のお披露目をする季節に

今年の桜玉
IMG_3263.jpg

今年のは、さくら が少し大きめで、
花びらの表情が豊かです。

えびすさんの玉らしく、
花は、重なり合い、とても華やかです。

クリアなガラスが、例年になく、奥行きのある
落ち着きが、素晴らしいです♪

もう一つ。
IMG_3264.jpg

咲き始めた櫻の花びらのよう。

毎年、春にWeb Shopに並ぶのを、
譲って戴いております。
IMG_3261.jpg

改めて眺め直すと、
玉の雰囲気は、かなり違っていて面白いです。

2010のこの玉もクリアの厚みがありました。
IMG_3265.jpg

2008のこの玉も好きです。
ちょっと、ほんわか系です。
IMG_3267.jpg

おひとつ手にしてみませんか?
こちら

えびすさんのとんぼ玉2011

おおきな玉です。

光のあたりようで、見え方が変わります。
IMG_2648a.jpg

でも、肉眼が一番いいです。
繊細です。

今回は、強めの光で

今年の櫻珠

えびすさんの拵えた桜のとんぼ玉が届きました。

P1090005a.jpg

2cm位の小さい硝子に封じ込められ、繊細です

クリアな部分に気泡がなく、
澄んだ景色の中で咲いている桜のような風情です (^^)

ゑびすさんの蜻蛉玉2009(2コ目)

地の色が濃いので、背景は淡色もいいのかもですが、
夜桜っぽい雰囲気なら、暗色の布もありかも

090518a.jpg

繊細ですね (^^)

画像に占める玉の割合を調節して、貼ってみました

今年の桜玉

少し前に、σ(^^)家にやってきたゑびすさんの桜玉2009です

090517.jpg

昨年との雰囲気の違いは、さくら色の具合、花びらの様子。

日々、キーホルダーとして愛用しており、幾度となく落としてしまっていますが、
意外と丈夫で、割れることは、いまのところ、ありません

FCブログは、簡単に過去のログTEXTを移動できましたが、
画像を挿入していくのが大変~ (^^;;

40ログほど手直ししましたが、今後も更新する予定のある副題だけでも
再アップしたいです

暦の春

まだまだ、寒いですけど。
暦の季節の分かれ目は、もうすぐ春です。
近所でも気の早い梅が咲き始めました。硝子で作られた「とんぼ玉」が、
また、手元にやって来ました。

FI2622207_1E.jpg

田舎住まいなので、実物を手に取ってみる機会もなく、
Webでの通販ばかりです。
このWebでの判断が難しくて、手元で眺めると、
ギャップがあったりして、それも面白かったりします。

そんな中、σ(^^)は、えびすさんの「櫻玉」のリピーターです。
今回は、小さい玉の中に、たくさんの花があり、
その花びらがの姿と色が面白いのを選びました。

文中のリンクをクリックしていただくと、ジャンプできます。 (^^)

春に向け、作品が並びそうなので、小遣い貯めて、コマメにチェックしないと

ディスプレイ台

チューブを輪切りして、とんぼ玉の台にしてみましたが、
厚みがないせいか、ツルツル滑り、安定が今ひとつ。

展示会で見たクルクル回せる台が面白かったので、 100均の3mmアルミ線で、試作。
適当に作ったら、少し大きくて、間延びしてます。

小さめに作ると、バランスが良さそうです
角形は、折り曲げテクニックがないので、 ちょっと形が整い難いデス (^^;;

FI2622190_1E.jpg

で、丸底を。
これは、簡単♪
瓶に巻いて、直角に2回曲げれば、完成。

FI2622190_2E.jpg

アルミ線での確認は、これで一時終了。

もう少し雰囲気の違う材質も試したくなり、 ステンレスと銅の棒材も入手してみました。

とんぼ玉展(2/2、モザイク)

ポスターと経歴 今の工房を離れ、ご自分の工房を構えるそうです。
だから、展示のタイトルが、飛翔、旅立ち

FI2622188_1E.jpg

こんな感じで、展示。

FI2622188_2E.jpg

和風な雰囲気です、ディスプレイ台は金属、アクリルブロックも多いですが、
このモザイクシリーズは木の台上でした。

FI2622188_3E.jpg

作家の人が、 タメ息ついて、帰ると、聞きました (^^;;

模様の下絵デッサン、色つきが10枚以上も 手にとって、
眺めることができるように展示してありました。

こっちは、色鮮やかですが、 ボケボケになってしまった (^^;;

部品も。
蝶は見たことがないくらい、細かい感じ。

FI2622188_5E.jpg

初日に来れば、手の届きそうな玉もあったようです。ん~、ちょっと残念。

とんぼ玉展(1/2、花)

画廊街に入ると、人通りも減り、目的のギャラリーに到着。

FI2622187_1E.jpg

記帳。
明日が最終日のせいか、子連れの先客が一組。
目当ての花玉を。

FI2622187_2E.jpg

画廊主さんに聞いて、写真OKとのこと、申し訳ないので、
ストロボは焚かずに撮ったら、少し妙な色合い

花、葉、蝶で構成されていて、 蝶は、繊細で、精密。葉は、葉脈の表現が凝ってます。

花は、やっぱり圧巻で、 花びら自体の表現と咲いている勢いのある形状が 目を惹きました。(^^)

カエデ。

FI2622187_3E.jpg

水を流れるているのかなディスプレーが、反射で、全方向見えて、 くるくる回せて面白いです。

あちこちにルーペがおいてあります (^^;;

水蓮かな、色も形も清楚です。

FI2622187_4E.jpg

もうひとつは、黄葉がモチーフかな

珍しいムシがメインの玉。

FI2622187_5E.jpg

スズメバチ ・・・つづく
プロフィール

QA50

Author:QA50
よくぞ、いらっしゃいました!
雑記でごじゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 近代 明治・大正・戦前へ
にほんブログ村 花ブログへ